関節痛とは?

変形性膝関節症だけでも全国に約3000万人も患者さんがいると言われています。

膝の痛みでは代表的な治療は「注射」や「手術」があると思います。

もちろのその方法で痛みが取れてる方もいると思います。

が、手術や注射をしてもまた、痛みがぶり返すそんな人も大勢おられます。

手術をしてもまた痛くなる・・・

原因だと思われる関節を人工関節に変えたのに痛い・・・

こんな悲しいことはないですよね?

手術や注射では痛みの原因が治っていない?

また痛くなるということはそういうことになります。

では何が原因で関節痛が起こっているのでしょうか?

人間の体には600以上の筋肉があります。

これらの筋肉がバランスよく働いていれば関節痛は起こりません。

しかし、この600ある筋肉の内でシバシバ働きの悪い、もしくは「サボる筋肉」が現れます。

するとサボった筋肉の代わりに過剰に「頑張る筋肉」が必要になってきます。

この状態で生活していると頑張る筋肉に負荷がかかり続けその筋肉は過緊張で硬くなります。

これが第一の痛みです。

 

過緊張な筋肉は関節を引っ張ってしまいます。

すると関節が正しくない動きになり、ねじれて動きます。

これが一般的に言われている「歪み」です。

この状態が続くと関節を固定してる靭帯が強く引っ張られてしまい痛みが生じます。

​これが第二の痛みです。

さらにこの状態で使いつずけられた関節は関節の中が変形してきてしまいます。

膝なら軟骨がすり減ったり骨棘ができてしまったりして病院では手術を進めれれる様な状態になります。

これが第三の痛みです。

これは膝に限らずどの関節でも起る現象です。

これが関節痛の起こるメカニズムです。

関節痛の始まり「原因」は「サボる筋肉」にあるのです。

オガワセイタイのJTA整体とは硬くなった筋肉や歪んだ関節などの「結果」へのアプローチではなく

痛みの「原因」である「サボる筋肉」にアプローチし、正しい関節運動が行えるようにしていきます。

これをしない限り痛みの原因は無くなりません。

​(原因のなくなた筋肉は自然に緩みます)

なのでオガワセイタイの施術は気持ちいいを求める方には合わないかもしれません・・・

(※気持ちいは人それぞれなのでなんとも言えませんが)

本当に痛みから解放されたい方は一緒に頑張りましょう!

しっかり治したい方は1クール8回(有効期限3ヶ月)の回数券がオススメです。

週1で来れば2ヶ月

週2なら1ヶ月

​(通常料金より8000円もお得です)

お伝えするセルフケアをどれだけされるかで来店頻度は選んでいただければと思います。

しっかりセルフケアできる方なら週1や10日に一回の来店でもかなり変化します。

セルフケアが難しいと思う方なら週2で来店をオススメします。

スクリーンショット 2021-03-29 16.07.42.png

JTA整体

1874363 [更新済み].png

スポーツ傷害も同じく「支える関節」と「動かす関節」のバランスの崩れにより起こります。

 

​一般的な生活習慣で起こる痛みは「支える筋肉」の筋出力の低下で起こりますが、

アスリートの場合は競技の練習やトレーニングにより同じ動作の繰り返しで、

「動かす筋肉」が強くなりすぎる事でバランスを崩します。

このバランスが崩れる事で代償作用による筋肉の働きが起こり、関節の可動域が失われてしまいます。

この失われた可動域のまま競技を続けるとさらなる代償が起こり、パフォーマンスが下がり、怪我に繋がっていきます。

怪我の後のリハビリもとても有効なのが「JTA整体」の特徴です。

怪我をすると必ず「炎症」が伴います。

炎症には必ず「筋出力低下」が伴います。

出力の落ちたままの筋肉があれば関節のバランスは崩れてパフォーマンスが上がりませんし、怪我の再発にも繋がります。

定期的な施術とセルフケアで怪我予防やリハビリ、さらには競技のパフォーマンスも上がるのが「JTA整体」の特徴です。

​スポーツでの痛み、パフォーマンスの低下や伸び悩みなどもご相談ください。

スポーツ傷害

suisen11.jpg